グループホームデイサービス

はぴね周南

※画像をクリックすると拡大されます。

施設の特徴

空室状況

家庭的な雰囲気の中で
穏やかにお過ごし頂けます。
はぴね周南は、自分が認知症になったときに通いたいデイサービス、住みたいグループホームを創る。という理念を胸に、スタッフが生き生きと楽しみながら仕事に取組んでいる施設です。

施設長ご挨拶

施設長
田邊 美紀

「日々是感謝」

はぴね周南は、
・ご利用者様とご家族に優しい施設でありたい。
・自分が認知症になったときに通いたいデイサービス、住みたいグループホームを創る。という理念を胸に、スタッフが生き生きと楽しみながら仕事に取組んでいる施設です。
理念を形にしながら、日々近くで寄り添い過ごすなかで、ご利用者様の何気ないしぐさや言葉、笑顔に癒され、「心が和む」ということが実感できるような豊かな時間を過ごさせていただいていることは、本当に幸せなことだと実感しています。
畑もあり、豊かな自然に囲まれた「はぴね周南」に是非お立ち寄りください。

はぴね周南のアルバム

2018年05月17日はぴね周南

5月のおれんじかふぇです

今月も13日(日)におれんじかふぇを開催いたしました。

久しぶりの雨になり、皆様の足も遠のくのでは・・・と心配して

おりましたが、今月も50名を超えるご参加をいただきました。

ありがとうございます。

お席に着かれると、お顔なじみになられた皆様同志、笑顔で近況報告

などお話しが弾んでいらっしゃるご様子が拝見できました。

また、今月より新しい試みとして和室をお借りし「書道教室(きつねの手習い)」を

始めました。難しいことはせず、思い思いに文字を書いていただくことを

目的にしております。この度は10名程のご参加をいただきましたが、

皆様真剣に筆を走らせ「できた~。習字なんて何十年ぶりよ」

とうれしそうに私たちに作品を見せてくださいました。

手工芸については、母の日にちなんで布を使った「カーネーションのブローチ」作り

を行いましたが、色々な布を使ってかわいいブローチがたくさんできました。

早速、お母さんの胸につけて差し上げている母娘の光景を拝見した際には、

心が温かくなりました。

来月も趣向をこらした内容にて、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

・・・続きを読む

2018年05月07日はぴね周南

ボランティアのみなさん、ありがとうございます

下松市には、介護支援ボランティアという活動があり、

はぴね周南にもいつもたくさんのボランティアさんが来てくださいます。

今回はその中の一つとして、椅子の修理をしてくださったことを

紹介します。

デイサービスで使っていた椅子の座面がひび割れており、使用するには少々気が引ける

状態になっていました。ただ、それ以外は壊れているわけではないのでどうしたものか

と、スタッフで思案しておりました。

ある日、夕方にお話しボランティアで来てくださっている男性の方に、

「このイス直りませんかね」とお話ししたところ、

「張替しちゃげよう」とのこと。早速いろいろな道具を持参で修理してくださいました。

色とりどりのかわいいイスに仕上がり、ご利用者様も「私はこのイスがいい」「私はこっち」と

イス取りゲームのようです。

いつもボランティアでお世話になっている皆様、本当にありがとうございます。

・・・続きを読む

近隣施設のご紹介

住宅型有料老人ホーム
グループホーム
介護付有料老人ホーム
介護付有料老人ホーム